スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

琥珀のモルト色をした村(コッツウォルズ)◆イギリス周遊③

 2013-09-24
角1 角2 角3

さて、イギリスの続き。このコッツウォルズ、湖水地方・エジンバラと並んで、
今回の旅で最も行ってみたかったエリアだ。
TV番組やガイドブックでも取り上げられ、
「イギリスで一番美しい村」とまで言われる集落がある所。
でも少しずつ湧き上がってくる期待感を刺激するのは、案外1行のフレーズだったりする。
僕自身がコピーライターでもある為か、この1行の言葉の大きさに敏感で、
自分自身も突き動かされる。そのフレーズがこれだ。

『ハチミツ色をした村、コッツウォルズ』。

・・・これだけだ。
これだけなんだけど、この1行で様々なインスピレーションが湧き上がってくる。
ハチミツ色って、実際見てみてどんな色なんだろう。。
この想像力って、写真を見て膨らます想像力と違って、とても感覚的なような気がする。
何よりも、この「ハチミツ色」という言葉の響きがいい。
何百年も前から何も変わっていないこの集落の、
オトギ話に出てきそうな甘酸っぱい可愛らしさをも表出している。


01

そしてとにかく簡潔だ。余計な尾ヒレを全て取っ払ったが為に、
逆にナイフの切っ先のようにリアルに印象に残るのだ。
コッツウォルズに向かう道中で、僕はこの「ハチミツ色」を、
頭の中で何度もリフレインしていた気がする(笑)

02

例えば、今僕が行ってみたい旅の地って、必ずこの魅力的な短いフレーズが存在する。
『太陽の海岸、コスタ・デル・ソル』、『天空の鏡、ウユニ塩湖』、
『失われた世界、ギアナ高地』等など。。
言葉は分かりやすくシンプルであればあるほどイメージが膨らみ、
そのフレーズは独り歩きを始め、強い印象を焼き付けるのだ。
これは俳句の世界にも通じるのかもしれない。

余談だけど、僕がプロデュースするジープ島も持っている。
『Water Planet 水の惑星、ジープアイランド』だ。

03

で、実際にこの地を歩いてみると、そのやや黄味を帯びた古い石造りの家々が、
その潜在的イメージを伴なって、より強烈な印象を持って迫ってくる。
この石はライムストーンといって、この地方で採れる石。
そしてほとんど全ての家や塀までもが、この石で造られている。
短い旅だったので、コッツウォルズのほんの一部の集落(ボートン・オン・ザ・ウォーター)
しか見る事が出来なかったのだけど、
この地方がこれほどまでに人々を魅了する、その片鱗だけは感じ取る事が出来た。

04

そして、この地は秋の黄葉の頃に来たら、もっともっと素敵だろうと思った。
それも出来たらフッとパスを歩いて、数日かけて村から村へと渡っていきたい。
朝日・夕日のちょっと黄味を帯びた光。
その斜光を浴びた万華鏡のような色彩のハーモニーの中を。


05

ただこのブログ、既成の「ハチミツ色」で終わったのでは僕が書く意味がない。
もう既に様々な紀行本も出てるし、詳しくこの地を紹介した本も沢山ある。
そんな中で帰ってきてイメージを膨らませている中、
もう一つこの石の色を表現する言葉が浮かび上がった。
このイギリスを語る上でなくてはならない、スコッチの「モルト」というワードだ。
そして、僕自身が大のスコッチ好きとして、この事に触れない訳にもいかない。

実は旅の準備をする時にかなり迷ったのだ。
いつもは必ず適量のスコッチ(シングルモルト)をスーツケースに忍ばせて、
旅のお供のようにたしなんでいる。
でもここは「本場」。だからこそ現地調達した方がいいのではと。
その方が旅の臨場感がグッと膨らんでくる。
でも情況は全く分からないので、備えあれば憂いなしで、持っていく事に。

06

これが大正解だった。まずイギリスは物価が高い。
驚く事に本場で買う方が5割ぐらい高いのだ。
おそらく、普通の店では観光客のオミヤゲ用として並んでいるのだろう。
住民はもっと安く手に入れられるルートを持っているんじゃないかな。

いずれにせよ、自宅に常時10本ぐらい様々なモルトが並んでいる程のモルト好き。
本来だったら絶対に蒸留所を訪ねたかった。
出来れば一番好きなアランやクライヌリッシュの。でも今回は無理。。
ならばと、エジンバラでスコッチ博物館のような所に行ってみた。
ここ、実際のスコットランドで、イギリス人にとってスコッチがどういう位置付けなのか?
それが感覚的にとてもよく分かった。

07

例えばこうだ。すぐ隣にいた4人連れの大学生ぐらいのイギリス人の女の子達。
その表情と仕草で。とても熱心に食入るように解説を聞いているのだ。
ざっくり言うと、これはもう「酒」という範疇を越えて、「伝統工芸品」に近い感覚だなと。

例を挙げると、どこそこの窯で焼いて、誰それの職人がじっくりと何年もかけて焼き上げた
珠玉の一品という感じで。だからこそ僕がはまっている訳だけど。
蒸留所には行けなかったが、何かこの「ニュアンス」に触れられただけで、
今回はとても収穫があったと思う。

08

この伝統を守って大切に造り上げてきた頑固一徹のモルト。
その琥珀色が、このハチミツ色の村と重なり合う。


09

その土地でしか採れない麦とピートと水だけで、何代にも渡って造り上げてきたモルト。
何百年も変わらず、その土地の石だけで造られた家々の村が紡ぐ日常の光景。

深くじっくりと熟成された物だけにしか訪れない、深遠なる深い味わい。。
イギリスという国の本質が、何かここにあるような気がする。


10

◇ ◇ ◇

1週ないしは2週で1編というこのブログのペース。
自分自身も楽しみながら、伝えたい事・表現したい事を、
言葉と写真でまとめるには丁度このぐらいがいい。
しかも全く新しい「ジープ島物語」というブログも近々立ち上げる為、少し忙しくなるので。

ただ、イギリスは何とか年内に終わらせたい。
来年早々、次の海外旅を考えているからだ。それは、パラオ。
僕のダイビングの原点のような地。もうかれこれ10回行ってるのだけど、
来年で17年ぶりとなる。まさに久しぶりの里帰りという訳だ。
それで今後のイギリスを、何とか以下の4編にまとめ上げようと思っている。

④伝統と破壊とロックと(エジンバラ)
⑤ワーズワースとポターに触れて(湖水地方)
⑥地下鉄に乗って街角スケッチ(ロンドン)
⑦風のように通り過ぎた街(道中)


そして「月一旅」が自分のライフスタイルなので、この合間にそれらがお邪魔する形(笑)
年内は、一宮のサーフストリート、山形の酒田・鶴岡、北九州の門司港、
兵庫・岡山・広島の山陽流れ旅などを考えている。国内もまだまだ見てみたい所が沢山だ。

更に旅の中で、人々が自分の住んでる土地を愛している事。
それを見るのもとてもいい旅の要素なのだ。
だから引越しもした事だし、たまには自分の「我が町」も登場させないとねっ☆[゜ー^]
スポンサーサイト
タグ :

蔵王SANGORO(三五郎小屋)に可能性を感じる◆蔵王高原③

 2013-09-16
角1 角2 角2

湿度がまだ高く台風が来たりとはいえ、東京もようやく落ち着いた気温になってきた。
・・・ホッとするねぇ^^
そんな中で、今年の夏のオマージュとしての蔵王高原のラスト。

旅の宿は念入りに調べて決める事が多いのだけど、今回は特に。
4泊の内2泊は麓の蔵王温泉にして、あと2泊は標高1300m以上の
実際の高原の「現場」に泊まりたいなと。それも出来たら雰囲気のある山小屋に。。
かつて山小屋が密かなブームになった時があった。
旅雑誌だけじゃなく女性誌にも取り上げられたりと。。

僕が思う山小屋の良さは、
何たって標高の高い実際の「目的地」(あるいはその近く)に泊まれる事。
だから夕暮も夜も早朝も、24時間思いっきり現場の空気が吸える。
そして誰もいない時間に静かに散策できる。
更にウッディな木の温もりが感じられ、
孤高にポツンと建っているからこそ、静かに浮世を離れ、ゆったりと自然に同化できる。

昨今のホテルやペンション&旅館もなかなかいい所が多く、快適で便利。
部屋にしろ食事にしろ温泉にしろ。。
でもどんなに快適で便利だろうと、
多少不便でも、やはり24時間「現場の空気」が吸える山小屋の方が、
戻ってからその土地の印象が強く残るものだ。


例えば、僕がプロデュースしているジープ島。
コンセプトワードの一つが、「山小屋」ならず『海小屋』。(笑)
TVもない、ガスや水道もない、携帯もインターネットも繋がらない。。
でもだからこそ、海のど真ん中で美しい大自然に包まれながら生活できる。
1日居ると、その意外な快適さと、何の不自由さも感じていない自分自身を発見できる。
そして本来の「素」の自分に戻れるのだ♪
豪華な物は何一つないけど、僕はこれを『ナチュラル・ゴージャス』と呼んでいる。☆彡


で、今回選んだのは、SANGORO(三五郎小屋)。
2泊してみて、今改めてジンワリとその良さと可能性が滲み出てくる。
1975年に建てられた巨大な山小屋。前オーナーが、
スイスやフランスアルプスを体験し、それに感動し共鳴を受けたであろう事が良く分かる。
何故なら、様々な要素がそこかしこにディティールとして息づいているからだ。
そして昨年から若いオーナーに引き継がれ、良いトコロは残し、古くてダメなトコロは変え、
新しい切り口も導入して、Forest inn SANGOROとして生まれ変わろうとしている。

今や山小屋も、新しい時代に入ってきたのかもしれない。
(もちろん昔ながらの山小屋も大好きだけど)
一つ例に取ると、3年前に行った霧ケ峰の鷲が峰ヒュッテも全く新しい感覚だった。
何せオーナーがフランスに修行に行って、自らがフランス料理をつくり客をもてなすのだ。
更にビールもベルギー産の1銘柄だけというこだわりよう。(´_ゝ`)y-~~~ 
姿形は山小屋なのだけど、センスが至る所でキラリと光り、
さしずめ「オーベルジュ・ヒュッテ」という趣だった。

今はフュージョン(融合)の時代だ。
山小屋のスピリットを保ちながら、新しい概念も取り入れていくという。。

01
温泉街からロープウェーで登る、標高1300m。この高さに来ると、空気がとても爽やか^^
『大気の皮膚感の心地良さ』、、僕は最近これがとても重要な事だと思っている。
もうこれだけでハッピーな気分になれるからだ。(^◇^)

a1.jpg
この辺りは「中央高原」といい、ブナの森の中に幾つかの沼が点在している。
そして初心者でも安心して歩ける1時間半ほどのトレッキングコースになっている。
その沼の一つが、このドッコ沼。
ミント色の水面がとても美しく、光の角度で色が万華鏡のように変化する。

04
3年前、スイスのサンモリッツ湖(1600m)に行った時に、
『シャンパンのような大気』という素敵な言葉に出会った。
太陽の光線を受けて、空気がシュワ!っと弾けるような爽やかさなのだ♪
今でもその皮膚感を忘れていない。
そしてこの地でも、またそんな気分を味わいながら^^

05
この沼のすぐ近くにSANGOROが建っている。
ほとんどの旅人は昼間ここを散策して、
ちょっとお茶やランチで立ち寄る程度で、夕方には麓の温泉に降りていく。
でもここに宿泊してこそ、よりディープに高原を味わえると思うのだ。

06 
地上7階建て。まずその建物の立派さに圧倒される。(@_@;)
そして周りに他の宿泊施設がないから、その独自性が際立って見える。

a2.jpg
ロビーは広々としていて開放感たっぷり^^
そして40年近い歴史の重みが、じんわりと伝わってくる。

a3.jpg
重厚さと軽やかさを併せ持ちながら。。

11 12
スキーグッズの売り場やビリヤード台など、遊び心も随所に感じられる。

13
ここが薪(まき)ストーブのCAFE&食事処のコーナー。
何もかもがゆったりとしていて、一日のんびりと寛いでいるだけでも、
充実した時間を過ごせる感じだ。

14 15
手作りのケーキやコーヒー等をお供に、パラパラと本をめくりながら。。

16
霧が出てきた。自然が自らのドゥローイングで絵を描いてくれる。
これこそ高原のハイライトとも言える、僕の大好きなシチュエイションだ♪

17
このテラスのムードがとても良かった^^
自然の中にす~っと溶け込んでいける、「山小屋の旅情」といった風情。

18
暖炉には火がくべられ、スピーカーからはスタンダードJAZZ。
しっとりと、まったりと、ほんわりと、、物思いにふけられる大人の時間・・・。

19 20
夕食はバーベキューだった。火の中で食材が焼けていくのを見るのはとても楽しい♪
内と外との垣根が暖味なファジーな空間、そして夕方とも夜ともつかない時間の中で。。
僕はこういったトワイライトな世界が大好き。☆彡

21
西の空を振り向くと、見事に紅に染まっている。

22
外のテラスでは、夜は少しずつ少しずつ、ゆっくりとした足取りでやってくる。。
この日は満月で、美しい姿も見せてくれた。

23
この空間の中でじっくりとシングルモルトを味わおう。
自然の囁きと、夜の大気のまどろみを感じながら。。


25
翌朝、自然界の目覚めに触発されて、自分も同調して早起きをする。
「旅の朝」は、何でこんなにも目覚めがいいのだろう^^

26 a4.jpg
そしてテラスで食べる朝食はこの上なく美味しかった♪
この「現場の空気」そのものも、最高にゴージャスなスパイスだからかなっ。☆[゜ー^]

◇ ◇ ◇

僕が無類のシングルモルト通だという事で、スタッフの方からアドバイスをと^^
今度BARコーナーで本格的に揃えてみたいからとの事だった。
それで基本のラインナップから、個性的なアラン、クライヌリッシュを初め、
絶対に欲しい銘柄を伝授してみた。

後日メッセージが届き、『入りました』と。
こりゃあ、近々飲みに行かないとな^^ ここには春夏秋冬、訪れてみたいので☆彡
タグ :

フェアリー・ウォッチング(妖精のような昆虫達)◆蔵王高原②

 2013-09-06
角1 角2 角3

前回、「日本は生物多様性が豊か」と書いたけど、
それはイギリスを旅してみて改めて感じた。
スイスやアメリカ、そしてニュージーランドの自然に触れた時もそうだったのだけど、
とにかく圧倒的に昆虫達が少ないのだ。。

もちろん、草花が受粉する為には必ず彼らが必要な訳で、
それは種は少ないながら、蜂や小さな蝶や蛾が行っているようだった。
それに比べて日本の昆虫達の、何と多彩で多種多様な事!(@_@;)

温帯から亜熱帯に属し、複雑な山岳地帯と平地の里山を併せ持つ、この国。
だから故、世界に誇る昆虫大国なのかもしれない。

ご多分に漏れず、僕も昆虫好きの少年だった。
今でも、かつて擦り切れるほど見た、昔の小学館の昆虫図鑑が、
ボロボロになりながらも(笑)本棚に残っている。
子供心にも、「種の多様性」にうっとりとし、そのパラダイス感を感じていたのだろう。
自然の造形の不思議さと美しさも含めて。

そしてデザイナー&アートディレクターという職種に就いたわけだけど。。
最も多感な子供時代に、それらを食い入るように見、触れてきた事、
それが「美を扱う人間」として、とても役立ってきたと思っている。

そして30台からはエリアを水中に伸ばし、
狂ったように海の中の「種の多様性」にハマっていった。。
地上よりも遥かに濃く、ギラギラとした色彩とシュールな造形。
ただ、水中を見れば見るほど一つの想いが強くなった。それは、、

『珊瑚は花、魚は昆虫、、海と陸はシンクロしている。』
という想いだ。

色とりどりの様々な珊瑚の間を縫うように泳ぐ、これまた多種多様な魚達。
何でこんなにも様々な種類がいるのだろう? それも仲良く共存しながら。。
そのシーンはまさに「パラダイスの象徴」のようにも映る。
そして地球環境を保つ為にも、「種の多様性」はとても重要な事だと、
視覚的にも感覚的にも訴えかけてくれる。


もし仮に魚がいない珊瑚のお花畑だけが広がっていても、
それはただ薄ら寂しいだけで、「死の世界」にも映るだろう。(;>_<;)
それを地上に置き換えてみても同じ事が言える。
花々の上をヒラヒラと舞う蝶達がいて初めて、動きのあるパラダイス感が生まれてくる訳だから。

で、僕はバード・ウオッチングがあるなら、
フェアリー・ウォッチングもあっていい!と思っている☆[^ー゜]

(昆虫=インセクト・ウォッチングだと、ちょっとイメージが違うので)

そして彼らは、鳥達よりも遥かに無心でシンプルな存在。。
僕は今、そこにとても惹かれるのだ。
そして環境破壊で、やがて絶滅するだろう筆頭としてのマイノリティな存在として・・・。

01
今回、蔵王高原で出会ったフェアリー達。
少なくなったとは言え、注意深く観察すると、まだまだ様々な種がかろうじて生存している。
その事がとても嬉しかった♪

これはキベリタテハ。味わい深いデザインだ。

02
これはクジャクタテハ。これを見ると、あ~高原に来たなって思う^^
そんな、山の上にしかいない象徴的な蝶。

それにしても、大好きだったこれらの仲間のルリタテハは、もう数十年は見ていない・・・。

03 04
左がベニヒカゲで、右がルリシジミ。
シジミなんて子供の頃は見向きもしなかったけど(笑)、
今見ると、あ~健気(けなげ)で可愛いなって思う。

05
ここから、花の蜜を吸う、ハナカミキリ(HK)を集めてみた。
これも高原ならではのパラダイス感を感じるシーンだ。

これはミドリ(HK)。その魔法のような色彩には、もう驚きしかない!
鉱物や宝石も輝くが、こちらの方が、より貴重なような気がする。
何故なら、この昆虫達は「生きている」のだから。☆彡

06 07
08 09
上はヨツスジ(HK)で左はアカ(HK)。
白い珊瑚に群がるスズメダイのようでしょ^^
まだまだ様々な種がいる(いた?)のです。

白いシシウドの花の房に、フワァ~と様々な種が色とりどりに集まっている幻のシーンは、
たま~に夢の中に出てくるのです。
いつか見れるかもしれない、まさに「夢の世界」として。。

10
これはルリ(HK)。
ただただ無心に見つめていよう、、このフェアリー達を♪
夏は、この昆虫達と共に過ぎていく気がする。。
「夏の花火」のような余韻を残して・・・。


11
そして、このアサギマダラが今回のハイライトとなった。
元々大好きな蝶で、大型ながら優雅にフワリフワリと飛ぶ姿と、
半透明な羽に不思議な造形美を感じる。
そしてこの蔵王高原には、これが驚くほど沢山いたのだ!(@_@;)
(渡り蝶で、夏の間だけここに来るらしい)

12
まるで蝶の群れの中に紛れ込んだかのごとく。。
ただ、1枚の写真でこの臨場感を切り取ることは、とても難しい。┐('~`;)┌
蝶自体、魚と違って、仲間と一定の距離を取るからだ。
『ハ~イ、みんな集まって!もっともっと寄って寄って、ハイ、チーズ!』
ってな訳にはいかないので(笑)
この写真の百倍ぐらいの臨場感だと思ってもらえれば^^

僕もこれだけのシーンは、生まれて初めての事。 ̄○ ̄;)
蝶が少なくなった現代に、これは凄いことだ!!


13 14
ただ無心に蜜を吸う、、その姿の何とも愛らしいこと♪

15
ここから写真1枚1枚に感覚的なタイトルを付けてみた。
アートディレクターとしての、キャッチフレーズの勝負だ!(笑)
【 堂々たる主役。】

16
【 夏なのに5月のよう。】

17
【 全てを空に飛ばしてくれた羽。】

◇ ◇ ◇

今回の旅は、8月の後半。
高原での花の最盛期と昆虫の最盛期は同じで、7月中旬から8月上旬が「旬」。
最盛期を過ぎてもこれだけ見れるという事は、
旬の時はどうなるのだろうと期待を抱かせてくれる♪

昨年の旬の時に奥日光に行ってイマイチだったから、
来年はこの旬の時に、ここに来てみたい。
(昨年の8月後半の白馬高原はとても良かったのだけど)

蔵王高原、、なかなかのモノです。☆[゜ー^]
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。