スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

このブログはしばらくお休みします。

 2016-03-09
このブログはしばらくお休みします。

現在、下記サイトの方で展開しております。
是非ご覧下さい。

http://www.gillman.jp/
スポンサーサイト
タグ :

春を探しに☆彡◆かつての地元:小石川植物園・2009年03月

 2015-03-07
コピー ~ 11 (200x199) コピー ~ 12 (200x200) コピー ~ 13 (200x200)

ここ2週間ほど、かなり忙しい日々が続いた。
まだ冬かと思っていたら、あっという間に梅の季節を迎えていた、という感じ。(≧∇≦) 
ほんと不思議なワープ的時間感覚だ。。

日本の急ぎ足で通り過ぎていく四季の移ろいは、それほど早く、限りなく愛おしい。
だからこそ僕は、季節をギリギリまで味わい尽くしたい。なので基本「先取り」はしない。
でも今回ばかりは、ちょっとそのワープ感も手伝ってか、この「梅」をテーマにしてみた。
ちょうど6年前の同じ時期にUPした過去ログだ。

そして先日、久しぶりにかつての地元:小石川植物園に足を運んだ。
懐かしい梅の季節に・・・。

旅とは基本が非日常としての空間移動だ。それを【空間軸の旅】と位置付けようか。
でも「今」を飛び越えて、同じ季節の過去に舞い戻ってみるのも一つの旅と言える。

人生とは要するに、時空を行き来するパラレルワールド。

板橋に越してきて2年弱。
だからこそ11年間暮らした小石川が、そろそろ甘美なノスタルジーを伴って、
【時間軸の旅】となりえるのだろうな。☆[゜ー^]

季節は冬から春へ。大地の芽吹きが、駆け足でやってくる感じだ。
僕は、この「変わり目」が大好き^^

例えば、まだ雪の残る小川の畔に咲く一輪の花のように、
危うく、それでいて清楚で可憐だ。
そして、新しい「時」を迎えるかのように、気持ちに「トルクのある変化」をもたらしてくれる。

そんな折り、先週だったか、、東京・文京区にも、みぞれのような雪が降った。
東京がはかなくも、最も美しく感じられる瞬間(@_@;)
僕もしばし、窓の外に釘付けとなった。不思議でシュールな光景・・・。
午後から雨に変わって、全く積もらなかったけど、
昨年に続いてこの現象がやってきた事が、とっても嬉しかった^^
これがおそらく、今年ただの一度の「幻の都心の雪」になる事だろう。

季節は着実に巡る。そして様々なプレゼントを用意してくれる。
それは何よりも確かで、尊い事のように感じるのだ。

今回はそんな気分の中、近くをぶらっと散歩した時の様子をUPしてみた。

春は梅の開花から始まるような気がする・・・。

もちろん桜も大好きだけど、より「日本的情緒」を感じるとしたら、
むしろ梅の方が強いかもしれない。
その花姿は慎ましやかながら、
枝ぶりは内に秘めたる生命力をクッキリと骨太に表している。
そして何より、桜にはないほんのりとした香りに、心がゆっくりとホグされてくのだ。。
それでいて、まだ強い「寒気」の中で、キリリと心身が引き締まる。

桜が「狂気」なら、梅は「意思」。

今回は時間軸的流れではなく、写真展風に構成的に並べ、
それぞれ春をイメージする「直感的なタイトル」を付けてみた☆彡

01 (420x267)

「ふんわりとした光の中で」

02

「春の歌声」

03 (530x292)

「白昼の空気色」

04

「春のフォルム」

05

「しなやかな誘惑」

06

「春の宴(うたげ)」

07 (420x258)

「冬と春のハザマの中で」

08

「梅色に誘われて」

09 (530x411)

「香り立つ陽光」

10 (530x408)

「ピンクという小宇宙」

11

「春の舞い」

12

「時の囁き」

13 (530x401)

「喜びの姿」

14 (420x332)

「仄かな香りに触れて」

15

「空のカンザシ」

16 (530x393)

「落ちてまた咲く」

17

「春霞」

18

「花の楽譜」

19

「空白の旋律」

実は僕、極度の花粉症で、鼻水ダラダラのこの季節は苦手でもあるのだけど、
でも、やっぱり「春」もいいよねっ♪(´ε` )。

さあて、ようやく少し時間が取れそうなので、いよいよ来週に中位の旅をする予定。
沖縄から北海道まで、候補は様々だ。
春から夏へのワープか、冬を名残惜しむ逆ワープの旅にするか。。
いずれにせよ、旅は心の栄養であり、人生のハイライトだから、ねっ☆彡


そしてこれから6年経った今年、まだまだ冬を充分に満喫していない(≧∇≦)
という事で、花粉の少ない土地に脱出するという裏技的にも、
今年もまた冬と春のハザマの雪山に行くぞ~!

皆が『春が来た!』と喜んでいる時でも、僕は逆に冬もギリギリまで追いかけたい。
それは流れ去っていく季節(時間)が、今は愛おしいほど貴重に感じるからだ。。

それが我がスローライフスタイルの極み!( ̄▽ ̄)b


 

タグ :

「白の原点」に帰って…◆冬の谷川岳・2009年02月

 2015-02-01
角1c (200x200) 角2c (200x200) 角3c (200x199)

ジープ島から戻って、しばらくあれやこれやと怒涛のような日々が続いた。。
でもここにきて、少しずつ滑らかなペースを取り戻しつつある。
そんな中、都心でも初雪。ほとんど積もらなかったけど、
何かを暗示するようなマッサラな白の世界。大好きな光景だ(^◇^)

そして今回のblogは、6年前の同じ時期に行った谷川岳の過去ログに、今の気分を投影してみたい。
色んな意味で、今年は原点に立ち帰る年。
ダイナミックに過去を掘り起こし、更に未来を構築していくという。。
そう、その象徴が「白という色」なのかもしれない・・・。


「旅のフォト日記」を続けていると、色んな発見がある♪
そして、四季折々の自然美って、ホントいいものだ!

1月の正月を基点とした冬の季節が、その年の始め。
それにシンクロするかのごとく、この白い雪原を見ていると、
心がス~っと漂白されていくような気がする。。
それは、「マッサラな地点に立ち、新たなスタートを切る」、
まさにそのリセットを体現するかのように・・・。

そして、昨年が富士なら、今年は変化を付けて谷川岳。
不思議と、荒々しい冬山を望みたくなったのだ。
旅のベクトルは、今の心境を反映する。
静かに、奥へ奥へと、、深く、更に深く・・・。

01

02

グレートーンのスリガラスのような空。陽光が、ボ~っと鈍い光を放つ白昼。
そんな光のグラデーションを、冬枯れの木の枝越しに見るのが好きだ。

その時フッと閃いた! これはさっき見た、ステンドグラスに似ているなぁと。
あらゆる造形のヒントになるものは、全て自然界にある。
もしかしたら、何か繋がりがあるのかもしれない・・・(´_ゝ`)y-~~~ 

03 (520x378)

さあ、スノーシュー・トレッキングのスタートだ!
雪を踏みしめ、心地良く軽快に^^

05

湯檜曽川に沿って歩いていく。なかなか面白いコース。

今回はガイドの人と一緒に。
初めての不慣れのコースでは、やはりこのスタイルは心強い。
いつもは単独行なのだけど、こんな風に、その土地の話などしながら歩くのも悪くない^^

前方に谷川岳を望みながらの極上コースなのだけど、あいにくの曇り空・・・。
ただ時おり、雲の隙間から青空が垣間見れる。

06

一瞬、切り立った峰に光が差した!
まるで神々しい生き物のように、その存在が強調され浮かび上がる。

07 (420x261)

ふと、水辺にフキノトウを見つけた。逞しく命は引き継がれていく。
山の、冬から春へと向かう、エネルギーの発露。

流れる液体の水と、凝固する雪と氷、、更に湧き上がる気体の雲や霧・・・。
水は、移ろい行く生命存在の、全ての源。そして、『変化=チェンジ』の創造主。

08

雪のシャーベットの上に枯れ葉が一枚。
何て誌的な造形なのだろう・・・。

09

少し雲が過ぎ行き、青空が見えてきた。

10 (520x390)

光を得ると、がぜん雪は陽気な笑顔を見せる。

11

冬枯れの木も、天高く躍動し始める。

12 (520x440)

雪の白と、その影が織り成す世界。
雪原がバイオリンなら、光は音を出す弓。

何か心の奥深い所に、優しく語りかけてくる。

13c

冬の造形美、、それは、毎年必ず見ておきたいもの。

14

その後、ロープウエーで天神平まで登ってみる。
ただ変わりやすい山の天気。特に魔の山:谷川岳なら、なおさらだ。。
やはり雲が厚い・・・。

15 (520x390)

でもこれはこれで、水墨画のような趣はある。

16

そして一瞬、反対側で雲が見事に流れ去ってくれたのだ。
!!! 雪原と青空だけの世界。
ただただ、それだけ、、、「それだけ」が、何て美しいのだろう・・・。

シンプルな中に、ハーモニーがある。
そしてどこからか、「大地の息吹」という名のサウンドが聞こえて来るような ☆[^ー゜] 
 

その後、静かにこのシーンに陶酔していくのだった・・・。


ジープでは、1年9ヶ月ぶりのダイビングだった。やはり熱帯の海の中はいい。
もう一生僕は、現役のダイバーで居続けるだろうなっ☆[゜ー^]

ヨーロッパに見事なまでにはまり、南北アメリカの大自然が大好きで、アジアの素朴さに惹かれ、
オセアニアにもたまに行きたくなり、アフリカや中近東のエキゾチックさに身震いする。。
そんな自分でも、やっぱりダイビングは別格だ。
これは、もう一つ別の地球エリアの旅なのかもしれない・・・。

3月にはパラオに行き、もう一つの自分の原点に、今年は特に立ち戻ってみたい。
いざ、熱が冷めない内に、再度「赤道直下」へ!☆彡
タグ :

冬の、静かなる陽だまりの表情♪◆上野Zoo・2010年01月

 2015-01-08
角1 (199x200) 角2 (198x200) 角3 (199x200)

今週頭の晴れた穏やかな日、秩父の長瀞に日帰り旅を。
久しぶりに行ったのだけど、改めてここは観光地としては一級だなと思った。
美しい岩肌と川の淵が織り成す景観。

「岩畳」っていうぐらいだから、座り心地の良さそうな岩が無数に。
そして瀬のせせらぎを聴きながら、しばしのBAR TIME。
最高のナチュラル・バーだったなぁ☆[゜ー^]
僕にとっては、正月を祝い、お神酒を飲んだようなものだった(笑)

それと特筆すべきは、宝登山の黄色い蝋梅(ろうばい)の香り。
まだ2分咲き程度なのだけど、その香りにちょっと来ましたねぇ♪
通常の梅とは違う、独特の高貴な香り。ちょっとバラに似たような。。
この発見は、2015年をスタートさせるに相応しい
「未知との出会い」を仄かに感じましたぞっ!・゜゚・*:.。..。.:*

さて、今週の日曜からジープだ。行く前に1編入れておきたかったのだけど、
その節目に選んだのが、これ! 『え?そう来たか~』だ(笑)

実は僕は大の動物園好き。(もちろん水族館好きでもあるけど)
で、過去ログにもUPしたのがけっこうあるのだけど、このブログでは初めて。
同じ冬の時期、文京区在住の頃によく行っていた上野Zoo。
パラパラと過去ログを見ていたら、この動物達の表情に、
不思議と今の気分が投影されていたんだなぁ☆彡


前回、旅のマクロとミクロに触れたけど、冬は特にミクロが似合う。
足元をもう一度見つめ直す季節なのかもしれない。。
豪快に外に出て行く夏に対して、静かに内に向かうという・・・。
良く晴れた日の午後、ちょっと近くを散策し、太陽の暖かな光を浴びる。
それだけで心地いいし、世界は限りなく完結していく☆彡


そして、最近の僕のお気に入りが上野公園^^
自宅からほんのすぐ近くなのに、今まで余り足を運ばなかった。。灯台下暗し?(笑)

この文京区に越してきて、もう8年になる。
まずはチャリでブラッと行ける谷中などの下町に触れ、その良さを再認識した。
そして今度は、またまたフラリと出かけられる、この上野が面白い事を発見!

我が町、白山・小石川。自分の住む地元の良さを、もっと知りたいと思う今日この頃。
地元を愛してこそ、様々な土地を旅する事に、発見の価値が生まれてくる気がする。。
そして、谷中にしろ上野にしろ、地元と呼ぶには少し離れているとはいえ、
このフラッと隣町に遊びに行く感覚が、またいいんだよねっ♪

そしてこの季節の上野散策の定番パターンは、これ!

まず、ポカポカと暖かい陽だまりの時間に、上野Zooで動物達を眺めながらブラリとし、
陽が傾いた頃、公園の大道芸人を見たりして、
その後の寒くなった頃、幾つもある博物館や美術館を、その時の気分で物色し、じっくりと見て回る。。

特に、金曜は夜8時までやってる所が多く、特に「科学博物館」は超お薦め!
国立博物館は別格としても、自然科学系としての施設の充実度から言ったら、
間違いなく日本一でしょうヽ(´ー`)ノ

で、今回は上野Zooにスポットを当ててみた。
元々動物達に触れるのが好きで、野生はもちろん、動物園もまた違った感覚で楽しめるのです♪
よく行くのが「横浜ズーラシア」と「多摩Zoo」。この2つは、日本を代表する動物園だと思う。

ところがどっこい、チャリでほんの20分程で行ける上野Zooも、案外?健闘していたのでした。。
特に冬場は人も少なく、落ち着いているし^^
そして規模は全然小さいけど、飽きられないようにと改装を重ねてきたのでしょうねっ、
けっこう見せ方にも工夫が感じられ、充分個性は出ていると思う。
「パンダとヒトゴミ」のイメージばかりが先行していて足が遠のいていたけど。。

これは意外な発見!(笑)

動物園には必ずチカラを入れている、そこの「アイドル達」が居る。
例えばズーラシアだったら、シロクマ、オカピ、ターキンあたり。
多摩はライオン、アフリカゾウ、昆虫館を筆頭に、インドサイ、レッサーパンダ、オランウータンあたり。
そしてこの上野では、ゴリラ、トラ、カバといったところ。爬虫類館も充実している♪

では、冬の陽だまりの中、
くつろいでいる動物達の表情に、一緒に癒されましょう!☆[^ー゜]


01

「今年はトラ年」という訳でもないけど、まずはトラからでしょう^^
やっぱ、トラだよねぇ。。精悍な顔つき、孤高の存在感、
この色、このフォルム、この柄の美しさ。(≧∇≦)


02

そして、全てを射抜く目の輝き・・・。

03

お次は、当然ライオン。
斜光を浴びたタテガミのシルエットが、ただただ美しい。
これぞ黄金の獅子!☆彡

04 (500x312)

でも、こんなまったりとした表情も見せるのです♪

05

これはクロサイの子供。将来の重戦車。。

06 (500x375)

狭いながらも、敷地を無邪気に嬉しそうに歩いているのでした^^

07

カバも存在感があるなぁ。。
どっからどう見ても、カバはとことん「カバ」だよねぇ(^◇^)

09

コビトカバも、とっても愛嬌があるのです^^
でも、設置されたプールを泳ぐ(歩く?)姿は、不思議とシュールだ☆彡

10

そしてアシカ君。なんとも気持良さそうに、暖かな陽を浴びているのでした。。

11

赤ちゃんアシカのつぶらな瞳。

12 (500x375)

お母さんアシカの背中で、ゆったりとしたまどろみ。。

13

エゾヒグマだ。この国で最強の動物。。
もし自然の状態で出会ったら? そんなイマジネーションも溢れてくる・・・。
ここでは近くからでもガラス越しに見れるように、オリを使わず上手に工夫されている。

14

そしてシロクマ君。どの動物園でも、その動きの愛嬌さで、大の人気者♪

15 (500x296)

泳ぐのも大好き。いい表情だ^^

16

ブルブルブルっと!!

17

ここでは一番人気のゴリラ君。ん~、これまた精悍な顔つき。
しばし肖像画のように見入ってしまう。。

18 (500x334)

でも横になると、こんなお茶目な表情も☆[^ー゜]

19

サル山のテッペン。その透明な空気感がいい^^

20

そして草食系男子ならず、動物(笑)
見慣れているとはいえ、このキリンの柄って不思議だよねぇ。。
独特の美しいテキスタイル。自然の造形には、常に驚かされる☆彡

21 (500x323)

オカピの柄もそう。

22

シマウマのゼブラ柄に至っては、それだけで「アート」だと思う♪

23

ここから鳥たち。。
フクロウのこの表情もいい^^

24

んっ?この「わんぱく小僧」のように見えるのは、なに??

25

ハシビロコウでした。角度によって全然違って見えるよねっ ̄○ ̄;)
何か、古代の動物を思わせるようで、僕も大好きな鳥なのです^^

26

ペンギン君も気持良さそう♪

29

フラミンゴの鮮やかなサーモンピンクには、いつも軽やかで新鮮な驚きを感じる。☆.*°

30

光を浴びると、よりいっそう色彩の喜びが際立つ♪

32

そしてペリカンが光を運んでくる。
冬の陽だまりという嬉しい光を。まるで白昼夢のように・・・。

上野Zooには、冬という季節がよく似合う。・゜゚・*:.。..。.:*

どうでしたか^^ どの表情に、ピピッときましたかぁ?
始めて見る表情の新鮮さという点で、僕はハシビロコウかなっ♪


5年前の過去ログだけど、旅を語る事に古いも新しいもないが僕の持論。
そして、その時に感じた事を改めて見たり読んだりすると、
時空を超えて、また違った新鮮な気分に浸れる。自分自身も^^


何時でも何処でも、時空をワープできる旅ブログ。是非遊びに来て下さいね~ヽ(´ー`)ノ

それでは、今週の日曜から1週間程ジープに行ってきます。
戻ってきて、そのイマジネーションをUPするのも楽しみ♪
そして、この18年間をまとめたblog「イルカが虹と遊ぶ島」を一応完結させた事で、
記録するとしても新たなる第2章。
いずれにせよ、新しいフレッシュな視点で、またこの島を語りたいと思う。
入れるとしたら、とりあえずこの旅ブログの方かな。(´_ゝ`)y-~~~ 

タグ :

雪の中のSF的幻想橋☆彡◆湯西川温泉・2011年02月

 2015-01-02
角1 (200x200) 角2 (200x199) 角3 (199x200)

新年おめでとうございます。今年もこのCAFE GALLERYで、
様々な旅を語っていこうと思ってますので、是非遊びに来て下さいねっ♪
「人知れずひっそりと」というのは変わりませんが、
訪れてくれる人が、少しでも居心地のいいものになるように、と。
見やすく読みやすく、興味を持ってもらえるのが一番!

で、ジープ出張が1月11日から9日間。それまでに2編ぐらい入れたいなあと。
そこで今年の幕開けは、自分自身でもとてもメモリアルだった、同じ季節のこの過去ログで。
流れとしては竹富島でも良かったのだけど、
やはりド~ンとワープし、旅ブログならでは変幻自在のフットワークで。☆[゜ー^]

日本も広い! 同じ冬の時期、八重山諸島では「夏」ができるぐらいなのに、
方や北や北陸・山間部では白銀の世界。
北へ南へ、東へ西へ。山上から海面下へと。。
常に未知なる刺激を求めてさすらう僕らしいよねっ☆[゜ー^]

それとジープから帰ってきたら、おそらく真逆の世界を旅したくなるだろう。。
だから、今から自分に「活を入れる!」という意味でも。
忙しい現役のビジネスマンにとって、季節の変遷はとても早い。
仕事に埋没し、うかうかしていると、『あ~、今年も行けなかったぁ(T_T)』で終わってしまう・・・。

今年の冬は絶対に、「雪の降りしきる世界」を旅したい。
そこで、「2月の雪旅・予約!」という事で(笑)

────────────────────────────────────────────────

さあ、冬もいよいよ大詰め! 東京でも少し雪が降りましたねぇ☆彡
実は僕、誕生日が1月^^ 
そのせいか、基本「夏男」なのだけど、不思議とこの冬も好き♪

シーンと空気が澄んでいて、全てがキリッと引き締まっていて、ねっ☆[゜ー^]
そして雪や氷を初め、「氷点下だからこそ生まれる美しい造形」にも、とても惹かれるのです。
例えば、霧氷とかダイヤモンドダストとか。。

更に、このシーズンだからこそ「太陽の季節」って思えるから不思議。(@_@;)
葉の落ちた木々の隙間から見える空は、どの季節よりも広い。
そして風の穏やかなよく晴れた日、、冷やりとした空気の中、
暖かな太陽にあたる感触は、どの季節よりも心地いい(^◇^)
冬こそ日光浴だ!(笑) 紫外線も少ないから、これは逆転の発想で、案外いいかも!

それで行ってきました、鬼怒川の先にある湯西川温泉へ。
なかなか魅力的な「かまくら祭り」をやっている事もあるけど、
なにより「平家の隠れ里」という秘境性にも惹かれたのでした。。

01

鬼怒川温泉ではほとんど雪は積もってなかったけど、
さすがその先の山間の奥深い地。。いい具合に「雪の世界」だ。

ちょうど写真の真ん中あたりにある露天風呂が、今日泊まる宿のそれ。
なかなか期待できそう!♪

02 (530x387)

雪に覆われたレトロな家並みが、まるで「日本昔話」のよう。
こんな素朴な佇まいが、いいよねぇ^^

04 (530x398)

少し谷あいを登れば、もう一面の銀世界だ。・*:..。o○☆*゚¨゚゚・

05

ツララは鋭角的で、どこかコケットな不思議な冬の造形美。

06 (530x398)

そして、陽のあたる眩しいばかりの白い綿帽子からは、
「冬のメロディ」が聴こえてきそう♪

07

さあ、ここが今回楽しみにしている、夜にローソクの明かりが灯る河川敷だ。
ちょっと下見に来てみましたヽ(´ー`)ノ

バケツ程の大きさのミニカマクラが、ビッシリと並んでいる。
夕方からこのローソクに一斉に火が灯され、限りなく幽玄な世界を表出するという・・・。

09 (530x398)

ここは源氏に破れ、逃げ延びてきた平家の末裔(落人)が、最後に辿り着いた地だ。。

10 (420x315)

そんな悠久の歴史に身を委ねてみるのも、いい^^

11

通りのあちこちに、土地の人達が作ったカマクラと雪ダルマが、
訪れる旅行者を迎えてくれる☆彡

12 (530x418)

東京よりは10度は寒いはずなのに、
雪深い地のほっこりとした情感で、不思議と寒さを余り感じない(^◇^)


13 (530x344)

これが今回泊まる旅館、「本家判久」だ。
300年以上の歴史があるという、この地最古の宿。。

14

そして今回最も魅せられたのが、宿の施設の一部であるこの吊橋だった。
川を隔てた向こう側に離れの食事処が。
客は全員この橋を渡っていくという、何とも心憎い演出だ♪

日本には『三大奇矯』と呼ばれる橋がある。
山梨県の猿橋、山口県の錦帯橋、徳島県のかずら橋。。
そしてこの橋は、まさにその「かずら橋」を模して造られたものだった。

ツタの絡まるその風情は、今まで見たどの橋よりも気に入った^^
何よりも、宿泊客しか渡れないゆえ、いつでも静かで、橋のキャラクターが立っているからだ!
宿泊中、何度もここへ来ては、橋の揺れる感触と供に、
その周囲の光景を楽しんでいた。(´_ゝ`)y-~~~ 

橋・・・、、「夢の架け橋」という言葉があるぐらいに、
橋とはどこか、未知の世界へ渡っていく、ドラマチックなストーリーの匂いがある。。

15 (530x398)

これは渡った反対側の光景。
今回は「橋」というものに、深く思い巡らされる旅となった。。
「もう一つ向こう側の世界」、その立ち位置のサイドによって、全てが一変する!

それが、シンボリックに表出されるのが「橋」なのかもしれない・・・。

16 (530x373)

これは橋の途中。
この氷爆、旅館が宿泊客の為に散水し、観賞用に創ったもの。
これがまた見事だった!(@_@;)

17

常時氷点下のこの地だからこそ創り出せる、氷の造形美。
ほんのりと青く輝くグレイシャーブルーも、ことのほか美しい♪

18

水の流れが瞬間的に凍結したような不思議な世界。。
まるで「天使の羽衣」のように・・・。

19-1 (300x227) 19-2

19-3 19-4 (300x224)

とても個性的で、心にジンワリと沁みる宿だった^^
公式サイトから、ざっと紹介してみよう。。

左上:川が見える露天風呂。余計な囲いがないところが、とてもいい。
右上:囲炉裏を囲んでの夕食。これもなかなか風情があった。
左下:来館者への挨拶という事で、太鼓が迎えてくれる。
右下:部屋も歴史の匂いが感じられて、とても落ち着ける。

20

さあ夕食後は、例の河川敷の祭りの会場へ。
・・・これもまた見事だった!ヽ(´ー`)ノ
1000個近いローソクの灯火が、広い川原で幽玄に揺らめいている。。

21

それはLED等のライトアップの無機質な冷たさとは違い、
暖かく温もりのある、ナチュラルな光の夜想曲。。。

22 (420x263)

「日本夜景遺産」にも選ばれたという、この一大ペイジェントに、
静かにしっとりと包まれてみよう・・・。

23

宿に戻ると、今度は氷爆のライトアップだ^^

24 (530x398)

外が痛いほど寒い故に、館内の温もりが、まったりと心地いい♪

25 (530x398)

そしてひっそりと輝くそれは、不思議な存在感で迫ってくるのだった。。

26
↓拡大して見れます
P2060073 (1000x750)

橋のタモトに立ってみた。
すると、なんと雪だ! シンシンと雪が降ってきたのだ!!
奇矯:かずら橋、、それだけでも染み入るような光景なのに、
雪が加わる事で、なんというシュールリアリズム!!!

しばし呆然と見入っていた。。イメージが止めどもなく溢れ出てくる。
例えばこんなSF的シーンを、重ね合わせられないだろうか・・・。

未知の氷の惑星。。

そこには熱帯のジャングルにありそうな、ツタの絡まる橋が架かっている。
今は気象変動によって、その緑の星は白い世界へと豹変していた。
ジャングルは氷に閉ざされ、そして雪が降り積もる。シンシンと降り積もる。。
音は吸い込まれ、生物達のほとんどは死に絶え、気配すらない。。

天と地も定かではなく、視界は全て雪のノイズに覆われ、
ブルートーンの形のみが薄っすらと浮かび上がる。。
はかなく、冷たく、そして美しく・・・。

川は地熱の為に水の流れとなり、白い岩山の洞窟からの明かりのみが、
かろうじて生き残った生物達の気配を漂わせている。。

28

橋の反対側に渡り氷爆を見ると、更にハードな世界に意識がトリップしていく。。

29

閉ざされた、氷の惑星の地底。。。

30 (530x398)

その大地はマグマの熱で発光し、まるで青く輝く水晶のように・・・。

31 (420x285)

松明(たいまつ)に火を灯し、
今宵更なるイマジネーションの世界に入っていこう!☆彡

32 (530x398)

この氷の惑星では、永遠に雪が降り続く。。

33 (530x398)

シンシンと降り続く。。。この先、100年、200年と降り続くかもしれない。
じっと身を潜め、次なる気象変動を待つしかない・・・。

34

ただ川は凍結せず、雪や、あらゆる情念すら吸い込み、
ただただ妖しい光を放って流れていくのだった。。

その水の流れがある限り、生物達は「一筋の希望の光」を持ち続ける事が出来る。
水はやがて新しい気象世界を創っていくだろう。。
いつしか太陽が、もう一度姿を現してくれる事を願って・・・。

・・・な~んちゃって、ねっ☆[゜ー^]

フジTVで以前やっていた「世界の絶景100選」。
あのジープ島が第1位となった番組だ。
元々大好きで、ずっとシリーズを通して見ていた。
その中でとても印象に残っているシーンがあった。
それは、ドイツのノイシュバンシュタイン城の絶景シーン。

シンデレラ城のモデルともなった美しい城。ただ城自体が絶景なのではない。
それは、雪がシンシンと降りしきる中、
少し離れた森の上から眺める光景にのみ、絶景シーンを絞っていたのだった。
降りしきる雪の中に浮かび上がる、美しい城のシルエット。。

無題

・・・これには、ちょっと「来ました」ねぇ☆彡
そして不思議と目頭が熱くなったのでした。。タレントは、ユン・ソナ。

そう、絶景とは、ある種の条件が揃った時にのみ現れるのだ!
その最高のシーンを見せてくれるのは、
その「一瞬の時間の中にあるシチュエイションが最高潮に達した時」なのです^^
ん~、雪と組み合わせるとは、
なかなかこのディレクター(企画制作陣)、、分かってるなあ、と。☆[゜ー^]

一生に一度は冬のドイツに渡り、そのシチュエイションでこの城を見てみたい!
その場所に、ボーゼンと立ちすくんでみたいと思うのです。。 ̄○ ̄;)

そして今回の雪の中のかずら橋も、
それに劣らないほどの素晴らしい絶景だったと思う^^
偶然にも降ってくれた雪に、乾杯!!かなっ♪

────────────────────────────────────────────────

旅ばかりしている自分にとって、「東京に住む」というのは、
旅のフットワークを得るためにはとてもいい。国内・海外、何処へでもすぐに飛んでいけるからだ。
ただ、灯台下暗しになりやすい。。確かに今まではそうだった・・・。

しかも人が多くゴミゴミしていてせわしなく、ある意味では自分に全然合わない土地だけど。。
でも仕事の関係上、絶対にここに根を下ろさなければならない自分にとって、
積極的に『ここも良し!』と思う気持ちが肝心だ。

住めば都。やはり能動的に「我が町」を評価していかないと、ねっ♪
旅先では、地元を愛し、その努力をし、誇らしげに語る人との出会いは、とても楽しい。
だからこそ、今そんな風に思い、「我が地元愛」をもっと育てたいと思っている(笑)
板橋、そして東京、、けっこういい部分って、沢山あるんだよねぇ。( ̄▽ ̄)b
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。